過去問解説

光の屈折と虹のでき方|2017年 早稲田実業学校中等部 理科 大問2

光の屈折と虹のでき方

空を見上げたら大きな虹がかかっていた。ちょっとうれしいひと時ですね。

さて、虹はどのようにしてできるのでしょうか?

空気中の水分に入った太陽光が、屈折と反射を繰り返すことで目の中に入ってきます。その際、赤と紫の屈折のしかたが異なるために、光の色が別れて見えます。

早稲田実業の2017年理科の問題より、虹について見ていきましょう。

問1 太陽光中の紫の光(点線)は、空気中の水滴にあたるとどのように進みますか。次の(ア)〜(エ)の中から正しいものを1つ選び、記号で答えなさい。

解説動画

解説動画です。

この問題のポイント

動画で説明したとおり、虹は外側が赤色、内側が紫色になります。これは、赤と紫の屈折するときの角度が異なるためです。

虹の7色は、言えるようにしておくと良いと思います。

赤、だいだい、黄色、緑、青、藍、紫

赤から緑までひと息で唱えて、ちょっと間をあけて「あおあいむらさき」。節をつけて呪文のように唱えると良いでしょう。

こんど虹をみかける機会があったら、外側が何色か実際に確認してみてください。机上の知識と、世の中の現象が結びつく瞬間、これができると記憶の定着が大きくはかどります。